バイオマス.com

はじめに

近年、地球温暖化防止(CO2)が叫ばれ、防止の一端として、植物系燃料(バイオマス)を活用する多種の方法が行われております。植物系燃料は燃焼させても「カーボンニュートラル」によってCO2の増量が無いという事で将来の最良エネルギー源です。

カーボンニュートラルの原理

カーボンニュートラルとは?


カーボンニュートラルとは、大気中のCO2濃度に影響を与えない性質のことです。バイオマスエネルギーを燃焼させればCO2が排出されますが、バイオマスの大元である植物は、成長過程(光合成)で同じ量のCO2を吸収します。そのため、地球規模でCO2のバランスを崩しません。

多目的燃焼器の特徴

ECOエネルギー
植物系燃料を使用するため、省エネルギー、大気汚染防止、温室効果ガスの削減が可能です。
自然環境の活性化と復元
荒廃している山林、竹林の再生が可能であり、農業用廃棄物も活用できるので自然環境の復元に役立ちます。
電力不要
電力機器を使用せず、煙突の排気流によって燃焼用空気を吸い込む負圧燃焼方式であるため、飛灰の拡散が防止できます。

多目的燃焼器の利用について

従来、未利用が多く有った植物系の物を利用して熱源を発生させるので、熱源を必要とする多種の機器に利用可能です。

  • 農業用ハウスに温風または温水を供給する。
  • 水耕栽培には室内に温風、水耕水の温水化が可能になる。
  • 小、中の工場の温風暖房。
  • ボイラー水の予熱。
  • 各種の吸収式冷凍機の加熱用熱源。
  • 養魚場の水温を上昇させる。
  • 冷泉水を加熱し温泉とする。
  • その他の熱源必要箇所。